【マインクラフト】建築初心者でも作れる!木2種類のオシャレな家の作り方を紹介

マインクラフトを始め、操作に慣れてくると早速作りたくなるのが「自宅」の建築です。でもサバイバル序盤では、そんなに大した建築資材はありません。そこで、比較的入手が簡単な木のブロックを主に使って作れる、オシャレな2階建ての家の作り方を紹介します。

Sponsored Link

ここでは、自宅の作り方を3段階に分けて説明していきます。初めに建築資材について、2段階目に基本構造、最後に外装を、また外装ではオマケとして家の塀とガーデンも載せています。

今回作る「家」の外観

今回作っていく家は、土台がしっかりした2階建ての自宅向け建築になります。サイズも大きすぎず小さすぎずを意識しながら、開放感のあるデザインを目指しました。

家の前には小さなガーデンに、明かりを合わせた塀を配置して人が住んでいる感じを演出しています。家を飾っている、葉ブロックやグロウストーン、鉢植えと花等は後にある外装編でまとめています。

家を建てるにあたって

自宅を建築し始める前に今回使う建材を確認したいと思います。

建築資材

  1. オークの原木
  2. シラカバの原木
  3. シラカバの木材
  4. オークの木材
  5. シラカバのフェンス
  6. オークのフェンス
  7. オークの木の階段
  8. シラカバの木の階段

2種類の木ブロックを使います。オークの原木とシラカバの原木をクラフトして、オークの木材とシラカバの木材を、さらにそこからクラフトしてオークの階段ブロックとシラカバの階段ブロックを。

棒と木材で各フェンスが出来ます。ハーフブロックも使用するので、これも木材からクラフトします。それぞれ数百個ほど必要になります。内装用の材料は後述します。

窓には板ガラスと、フェンスを使用するので出来ればガラスを準備出来るとGoodです。

ヒント

ガラスは砂をかまどで製錬することで入手が可能。ガラス6個で板ガラスが16枚クラフトできるよ。

代替できる建築資材

オークとシラカバを使って行きますが、どちらかが無い場合は他のブロックでも代用が可能です。例としてあげると次の通り。

マツ、ダークオーク、砂岩ブロックなどです。オークとシラカバのように色の差に気を付ければ上手くいきます。代替例はオーク→マツ、シラカバ→滑らかな砂岩に変える等。

材料はなんでも揃えられる!という方は、レンガブロックやネザー水晶を使ったりお好みでアレンジをどうぞ。

建築開始!

材料をある程度揃えたら、建築をする場所を決めて整地を始めます。

解説を分かりやすくするための補助ブロックとしてネザー水晶ブロックを使っています。

1.整地する

家も庭と塀も全てを建築するために必要な範囲を整地をします。横28ブロック×縦23ブロックの範囲を整地し、さらにこの範囲を1段草ブロックで高さを作っておきます。

整地の仕方についてはこちらの記事を参考にして下さい。

2.土台を作る

土台と1階の床になる部分を作っていきます。

画像は整地した範囲のサイズに合わせています。白色の外枠は範囲の外を囲んで分かりやすくしているだけのものなので、気にしないでOKです。茶色がオークの木材になります。オークの木材を画像の通り置いて行きますが、置く前に注意点

土台の下に土台を支える脚を作るので、整地した草ブロックの上高さ1ブロックを空けて土台を置いて下さい。つまり、下から高さ2ブロック目に土台を作成するということ。

オークの木材で土台の枠を作ったら、内側もオークで埋めてしまいます。

このように埋めたら土台が完成です。その次に、土台の脚を作っていきます。

土台の脚は中央にシラカバの木材、両側に逆さの階段ブロックを配置したものです。土台の角には右側の形の脚を置きます。こちらは中央にシラカバの木材、角に合わせて階段ブロックを配置します。

階段ブロックの置き方がよく分からないという場合は以下の記事が参考になりますよ。

脚を配置するとやっと土台という感じが出てきます。これで概ね土台の形が完成です。

3.支柱を立てる

まずは一階部分の支柱を立てていきます。全部で8本の支柱で、それぞれ6ブロック上に積み重ねます。1階の部屋の高さは6ブロックになるので、自宅としてなら十分の広さを確保出来ます。

図で見るとこの通り。オークの原木をさくさくっと置いていきましょう。

4.梁を作る

基礎となる部分なので、土台→支柱→梁(はり)と作っていくとどんどん安定した家になってきます。先程立てた支柱を繋ぐように、オークの原木を渡らせるだけでOK。

中央付近の梁は一階の部屋から見えるようになっています。このままだとシンプルすぎるなと感じたら、1~2本梁を好きな位置に追加するとちょうど良いですよ。ただし、置き過ぎると部屋が狭くなったり、しつこくなったりするのでほどよくが大事!

内装の際に天井から明かりをシャンデリアのように置く予定なので、真ん中に設置できるように奇数部分は空けておきたいです。それに、内装に時に足りないと思ったらその時に配置しても良いわけですから。

5.1階の壁を作る(左側前面)

玄関ができるところの壁を初めに作ります。入り口はオークの木材で挟み込んで、分かりやすく。ドアの種類はオークを使っていますが、これもお好みで変えて下さい。窓には板ガラスをはめ込んでおきます。板ガラスが無い場合はフェンスで代用します。

ここの壁の内側は外と2箇所違うところがあるので注意。窓の下のブロックのところです。部屋の中がのっぺりとしてしまうのを防ぐために、階段ブロックにしています。

6.1階の壁を作る(右側側面)

さっきのすぐ右隣の壁です。両端をオークの木材で、その次にシラカバの木材を置く。中央はオークの原木を上向きに、上下に置く。オークのフェンスを外の様子が少し見える程度に真ん中に配置します。

7.1階の壁を作る(右側前面)

前面に出っ張っている、右側の前面の壁を作ります。壁を作る順番はすべて右に右に移動して作っています。中央2ブロックを板ガラスにし、周りはすべてシラカバの木材で埋めます。

8.1階の壁を作る(右側側面)

横側の壁を作ります。この壁の左側は行程6と同じです。右側は、シラカバで枠のように囲み、真ん中を区切ります。空いている空白にはオークの原木を横向きに画像どおり並べます。残った空白3ブロックの下2ブロックはまた板ガラスをはめます。

壁の内側に回り、残った1ブロックの空白にはオークの階段を配置して完了です。

9.1階の壁を作る(後面)

玄関とは反対の位置にある、家の裏面の壁を作ります。ここは階段ブロックを使わないので、見た通り作れば問題ありません。

ここの壁がなんだか簡素なのは、内装で2階に上がる階段や、キッチンを配置するところなので、窓を多く作ったり、凹凸を増やすと内装が作りにくくなるためあえて簡単な作りにしています。

10.1階の壁を作る(左側側面)

1階最後の壁です!オークとシラカバの木材を置いて、板ガラスをはめて完成です。玄関が近い壁なので内装では靴を置く所を作ったりします。

11.2階の支柱を立てる

1階部分の壁(外装以外)がほとんど完成したので、次は2階を作っていきます。まずは1階同様に支柱を立てます。

1階で立てた支柱のまま伸ばすと言いたいところですが、真ん中の支柱だけ左に1つずれているので注意!赤丸で囲んでいる支柱は、6ブロックの高さです。他は全て5ブロックの高さで積みます。

※真ん中の一番後ろの支柱は立てません。ミスです。

12.2階の壁を作る(左側前面)

さっさと屋根を作って行きたいのですが、ここで屋根を付けると2階の壁が作りにくくなるので壁を作っていきます。

2階の壁を作る順番は1階と同じです。玄関のある面の2階の壁を作っていきます。この壁の上にすぐ屋根を置くことになるので、上を完全に閉じたり閉じなかったりします。この2階の窓から遠くを見渡せます。

窓の階段ブロックは上が逆さで、下が普通の置き方なので間違えないように気を付けてください。

13.2階の壁を作る(右側側面)

すぐ右の壁を作ります。

支柱の高さが分かれていますが、壁は6ブロックに合わせます。寝室にあたる壁なので、落ち着いた環境のために窓は少なくします。

14.2階の壁を作る(右側前面)

寝室唯一の窓になる壁。支柱どうしをオークの原木で繋いでおきます。窓はフェンスでも板ガラスでもOK。

15.2階の壁を作る(右側側面)

左側の壁は行程13と同じです。右側は、シラカバの木材で囲うようにして置き、オークの木材で窓を3つ作る。フェンスの上下は階段ブロックなので窓が広く見えます。

16.2階の壁を作る(後面)

行程11の支柱を立てる時に、この壁の中央付近の支柱を画像では立てていましたが、ミスなのでもし作っていたらここで回収して下さい。2階にもいろいろ内装を作りたいので、壁は簡素に作ります。

17.2階の壁を作る(左側側面)

まだ付け足したりとかはありますが、一応2階最後の壁になります。珍しく窓に原木を入れています。2階には開放的な窓をあまり取り入れていなかったので、ここで作ります。

18.2階の床を作る

オークの原木の梁に合わせて、シラカバの木材を原木の上に置きます。

他は全てオークの木材で埋めます。四角で囲っているところに階段を配置するので、縦2ブロック×横5ブロックの隙間を作っておきます。ここに階段を作ることで、階段を登った時ちょうど窓から外を覗くことが出来るのです。

これで床は完成です。

19.屋根を作る

家をビシっと決める屋根をついに作っていきます。

玄関がある方の2階から屋根を置いていきます。右の支柱の上、支柱の隣、その斜め右下にまずはオークの原木で屋根を作ります。

外にはみ出す!

屋根を作る時は、建築物としての立体感を生み出すためにぴったり建築物に屋根を合わせるのではなく、少しはみ出すと格好良くなります。三角の切妻屋根などは特に大事。

屋根のデザインを別のものにしたい場合は上記の記事が参考になります。

前面の右側は上に向かうと、1ブロックずつ右側が増えて行きます。これはここで屋根をカーブさせるためです。左側は斜めになっているように見えますが、こちらはぴったりと合わせています。

一番下から上に横に並べたブロック数をまとめると...

  • 10,11,12,13,14,15

このように上に行くほど増えています。ひとまずこの15ブロック並べた、6段目まで屋根を置きます。同時に反対側も作っていきましょう。

反対側は画像から見て左側が、下から上へと横幅1ブロックずつ減っていきます。ブロック数は次の通り...

  • 22,21,20,19,18,17

斜めになっている屋根からカーブが入ります。

ここまで屋根を作ると、屋根の中央が3ブロック空いた状態になります。もしなっていなかったらズレているので確認してください。

屋根は度々形がずれてしまいます。対策として、右を作ったら左も作る、左右交互に建築していくとズレを防ぐことが出来ます。

空いたままの中央3ブロックは全て同じ高さで配置。ここも1ブロックずれているところがあるので注意。ここまで作ったら、屋根の3分の2が完成です。

20.屋根を作る(カーブ)

19の行程でほとんど屋根が出来たので、あとはカーブして繋げていくだけです!作った屋根からカーブさせます。

カーブ完了です。これで屋根が全て繋がりました。あとは壁の無いところが2箇所あるので作ってしまいます。

21.屋根の下の壁を作る

家を正面から見て右側の屋根の下の壁を作ります。シラカバの木材で埋めて、真ん中は木のトラップドアを配置します。フェンスか板ガラスでもOK。

左側の屋根の下もデザインはほとんど同じ。下にオークの木材で区切るように置いてあとはさっきと同じように置きます。

外装を作ろう!

家として成り立つ形が完成したので、玄関前のウッドデッキ作りや、屋根のドーマー作り、壁の飾り付けを行います。

1.ウッドデッキを作る

玄関にウッドデッキを作ります。玄関が分かりやすくなるし、オシャレ感も一気に増す重要なポイントです。分厚さを見せないように、オークの木材ハーフブロックを使っています。

ハーフブロックをブロックの下側に配置しているため、このウッドデッキに机や椅子は配置しにくいので、木材を使うのもアリです。ウッドデッキに上がる階段を付けるので、4ブロックの隙間を空けるのを忘れないで。

玄関の前4ブロックは、またハーフブロックを置きます。ウッドデッキの周りをハーフブロックで囲みます。この時階段を置くために空けた隙間4ブロックとその両隣のブロックにはハーフブロックを置きません。

ハーフブロックを置いた上にシラカバのフェンスを置き、階段近くにはお好きな木の葉ブロックで飾って下さい。玄関もカーペットと鉢植えとお花で飾り付けます。

階段はオークの原木を上向きで端っこに置いていき、中央はシラカバの階段を2段、一番下はハーフブロックか木材を置いて階段が出来ます。あとは、ウッドデッキに脚をつけて完成です。

2.1階と2階の壁の飾り付け

ここからは、1階と2階の壁をまとめて飾っていきます。まずは1階部分の壁。ドアの上に庇(ひさし)をシラカバの階段ブロックで作ります。窓の下にも階段ブロック、上にはオークのハーフブロックで飾り付け。

そのまま2階を飾り付けます。シラカバの階段が置いてある下にオークのハーフブロックを並べて、ここに好きなものを置きます。明かりとか木の葉ブロックを置くと可愛くなります。

3.2階の壁の飾り付け(右側側面)

右隣の2階の壁です。この壁の1階は飾りません。下から2ブロック目にシラカバの階段ブロックを逆さに設置、上はハーフブロックです。

4.1階と2階の壁の飾り付け(右側前面)

1階部分は初めてシラカバの原木を使います。上向きになんとか置いて、庇を付けるように窓の上に階段ブロックを配置して、原木と階段ブロックをフェンスで繋ぐ。

2階の壁は、シラカバのハーフブロックで窓を上下で挟むように並べてまた、フェンスで繋ぐ。ここにも好きなもので飾り付けてね。

5.1階と2階の壁の飾り付け(右側側面)

大きな面である、右側の側面を作っていきます。1階の左と2階の右は飾りません。2階の左は行程3と同じです。1階の右側は、上に階段ブロックを逆さに置いて下はハーフブロックにします。

6.1階と2階の壁の飾り付け(後面)

2階の壁は窓の下にハーフブロックを並べるだけ。1階の左側は、窓の上下を階段ブロックで挟み、さらにその上下にフェンスを取り付けます。

右側はオークの木材が四角になっている下の3つにシラカバの階段を置いて、その上の窓には、ハーフブロックとフェンス、階段ブロックを付けます。

7.1階と2階の壁の飾り付け(左側側面)

家に付ける飾りとしては最後になります!1階は階段ブロックを付けて、鉢植えとお花で飾り付け。2階は大きな窓があるので、窓をデザインするように飾ります。

窓のデザインは自由に何でも作れます。こちらの記事で窓のデザインアイディアを沢山紹介しています。

8.ドーマーを作る

あまり聞き慣れない言葉ですが、ドーマーとは屋根から突き出ている小さな屋根と窓のことを言います。これもオシャレポイントの1つ。屋根の2段目から5段目にかけて作って下さい。

横から見るとこの通り。小さな階段を作るように階段ブロックを配置しています。

9.屋根を飾る

屋根の丸太が露出している部分をオークの木材で隠して、一番上は階段ブロックを置くだけです。反対側も同じ。

10.庭を作る

家に華やかさを持たせるために、庭を作ります。花壇としても使えるので、野菜を植えるかお花を植えるかはお好みで!作る位置は、家の階段から右に2ブロック、家の段差があるところから下に3ブロックの位置です。

11.塀を作る

家の左側に塀(へい)を作ります。作る位置は、左が3ブロック空けて4ブロック目から。右は2ブロック空けて3ブロック目にフェンスを配置していきます。高さは5ブロックです。

シラカバとオークの階段とフェンスをランダムに組み合わせて、繋げていきます。階段は時々逆さにしたりすると良いです。一番上の段には階段ブロックを積みません。

マツがあるなら、マツも入れるとメリハリがついて格好良くなりますよ。

高さ6ブロック目に、木の葉ブロックとレッドストーンランプを配置して完成です!レッドストーンランプは日照センサーで昼も夜もどこかしらが点灯するようにしています。日照センサーが無ければ、レバーで点灯させます。

12.道を掘る

シャベルを持って、草ブロックを右クリックすると道を掘ることができます。道として別のブロックを入れるのも良いですが、道は手軽に作れるのでオススメ。

道に合わせて草花を植えると、もっと可愛く仕上がります。

「家」が完成!

家が完成しました。2階建てなので、1軒建てるだけで自宅として充分に使えます。自宅としてで無くても、例えば雑貨屋さん、本屋さんにアレンジしてみるとか、色々と用途が考えられますね。

またこちらの家はそこまで形が複雑ではないので、様々なアレンジが可能です。

アレンジ一例

今回作った家を題材に、アレンジを加えたものを2つ紹介します。

マツを加えたデザイン

マツの木材とマツの原木を使うと一気に引き締まったデザインに早変わり。マツがあるなら是非試してみて下さい。

邸宅風アレンジ

家を左右反転させると、ちょうど2つの家の屋根をくっつけることができます。ただの一軒家が急に邸宅です。

これは強引にストラクチャーブロックとcloneコマンドを駆使して作りました。ドーマーやウッドデッキのデザインも家のサイズに合わせて変えています。

内装

家の外装まで完成したら内装も作って行きたい、ということで作りました。

1階玄関前はシューズラックと2階への階段があります。家に入って右に行くとキッチンが。2階に上がると地図を見たり、クラフトしたりする作業場を。画像にはありませんが、すぐ近くに小さな倉庫も。倉庫を曲がると、暖かな日差しが射し込む寝室を作りました。

内装も入手しやすいものを中心に作りました。またその他の家具はこちらの記事にもまとめられています。

内装の作り方

この家の内装の作り方はこちらの記事で紹介しています。

まとめ

家を作ることは出来たでしょうか?何か分からないことがあればコメントお願いします。

以上で、「【マインクラフト】建築初心者でも作れる!木2種類のオシャレな家の作り方を紹介」を終わります。

Sponsored Link






3 件のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。