コマンド「Locate」の使い方を簡単解説【マインクラフト】

2016年9月28日に、マインクラフトのVer1.11(正確には16w39a)にて非常に便利なコマンド「Locate」が追加された。このコマンド、知っておくと本当に便利なのでこの記事で簡単に説明してみます。

Sponsored Link

/locate

コマンド locate
初登場 PC 1.11 (16w39a)
PE 1.0 (PE 1.0 build 1)
特徴 特定の構造物の場所を一瞬で教えてくれる

「locate」とは英語で「場所を示す」という意味のある言葉。マインクラフトの「locate」コマンドもその通りの効果がある。まずは基本的な使い方から見ていく。

PC /locate <StructureType>
PE /locate <feature: string>

青字の部分に、探したい構造物のIDを入れる。例えば、一番良く使いそうなのが「村」だと思うので村をLocateコマンドを使って探すとする。その場合は以下のようなコードを入力すれば良い。

/locate Village

これで現在地から一番近い村の「座標」を表示してくれる。あとは「tp」コマンドでテレポートして行けば簡単ですね。

locateに対応している構造物

ID 構造物 備考 対応Ver
Village - PC 1.11のみ
Temple 砂漠の寺院 / ジャングルの寺院 / 魔女の家 / イグルー この中から一番近いものを検索
Mineshaft 廃坑 -
Mansion 森の洋館
Monument 海底神殿
Fortress ネザー要塞 ネザーワールドでしか使えない
Stronghold 要塞 エンドポータルの場所は教えてくれない PC 1.11 / PE 1.0 対応
EndCity エンドシティ エンドワールドでしか使えない PC 1.11のみ

最新版の1.11.2の時点で、Locateに対応している構造物はこのとおり。なお、ポケットエディション版では「要塞(Stronghold)」しか検索できないのが残念ですね。PC版だとすべて検索可能です。

実際に/locateを使ってみる

村を探す

/locate Village

とりあえずは「村」を探してみる。

コマンドを入力すると見ての通り「Villageは -760 (y?) 120 で見つかりました」と表示してくれる。なお、Locateコマンドは高さまでは教えてくれないので注意だ。

「tp」コマンドでその座標まで飛んでみると、本当に村がありました。これ、シード値探しをする時にものすごく重宝します。今までは「tp」コマンドで周辺に村人がいないかを調査していたんですが、この方法ならラクです、本当に。

砂漠の寺院を探す

/locate Temple

とは言っても、砂漠の寺院だけを探すことは出来ません。実際にTempleを探しても、見つかるのは砂漠の寺院かもしれないし、イグルーかもしれません。

「Templeは -1208 (y?) -168 で見つかりました」と表示してくれた。

実際に飛んでみると、そこには砂漠の寺院がありました。運が良かった。ただ、思ったんですがバイオームを選んでおけばある程度は絞り込めそうですね。ジャングルで探せば、ジャングルの寺院が見つかりやすいかもしれないし。

森の洋館を探す

/locate Mansion

マンション(Mansion)と指定します。

「Mansionは 5368 (y?) -4488 で見つかりました」と表示してくれた。5000とか、4000って...遠いわ。自力で探すのはものすごく大変ですね。

普通は地図などを使ってのんびりと探す森の洋館ですが、Locateコマンドのおかげでかなり楽になりました。

ネザー要塞を探す

/locate Fortress

ネザーワールドに入ってから使わないと見つけられません(当然)。

エンドシティを探す

/locate EndCity

ネザー要塞と同じで、これもエンドワールドで使わないと機能しません。そして、エンドシティを探してくれるのは便利なんですが...。

肝心の「エンド船」を狙って探すことが出来ないんです。ここは惜しいところですね。できれば「EndShip」という感じでエンド船も指定して探せるようになれば嬉しいところ。

→ エンドシティ攻略まとめ・エンド船に乗る方法やシャルカーなど

/locate まとめ

/locate Village

「Locate」コマンドは、いざ探すとなると苦労してきた構造物。「村」「寺院」「海底神殿」「要塞」「廃坑」などを簡単に探せるようにしてくれた。正直、かなり便利です。ただPE版では要塞しか探せないのが難点ですね。

→ 【Ver1.11.2対応】最新版、即使えるオススメシード値33個まとめ

ちなみにぼく自身は、このLocateコマンドをシード値を探す時に使っていたりします。「Village」や「Temple」で検索して、村や砂漠の寺院がどれくらい近い位置になるのかをチェックしやすい。

例えば「森の洋館(Mansion)」は、だいたい5000~10000ブロック離れた位置に見つかるんですが、良いシード値だと1000ブロックくらいの近距離に見つかったりする。こういう調査にLocateは役に立ってます。

以上「コマンドLocateの使い方を簡単解説」でした。

他のコマンド記事

→ 知っておきたい4つのゲームモード(/gamemode 0123)の詳しい解説と違いのまとめ

→ コマンドのベテランに学ぶ「/Fill」コマンドの使い方と建築における具体例まとめ

Sponsored Link






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

当ブログ「マイクラモール」の管理(CSSとか、HTMLとか、難しいこと・・)をしている、やかもちです。マインクラフトで好きなことは「建築」で、建築しかしていません。 でもこれではマインクラフトを全部遊べていないのでもったいない。そう思って、最近はRS回路、コマンド、MODも勉強してみたり。 マイクラ歴3年の建築厨ですが、よろしくお願いしますヽ(´エ`)ノ