【マイクラ】古代の残骸をたくさん集めるコツとポイント

ダイヤより強力!!な「ネザライト」装備を作るために、「古代の残骸」という鉱石の採掘が必須となります。古代の残骸が生成される場所はどこなのでしょうか?たくさん集めるには何に気を使えばよいのか、ポイントをまとめてみました。

古代の残骸の発生場所とは?

ネザーのバイオームのすべてで、8~22の高さに古代の残骸が生成されます。

ネザー

ネザー(暗黒界)

しかし、古代の残骸はダイヤモンドよりも貴重な鉱石です。1チャンクあたりに、1つから2つの古代の残骸の鉱脈(1鉱脈あたり、1~3個の古代の残骸が生成される)が生成される程度です。

1チャンクのサイズって、高さ256×幅16×奥行き16です。つまり、65536個のブロックで出来ているんです。約7万のブロックを掘って、1~6個の古代の残骸が見つかるかもしれない...

古代の残骸の埋蔵場所のイメージ画像

「古代の残骸」埋蔵イメージ画像

と、考えると貴重さが強調されますが、実際に調べるべき高さは14ブロックなのでせいぜい3500ブロックも掘れば1~6個の古代の残骸が見つかります。

ネザー

柔らかいブロック「ネザーラック」

それに加えて、採掘していくところはネザーの大部分を構成するブロックのネザーラックですので、サクサクと掘り進められます。探すべき場所を根気強く採掘し続ければ、必要な数を集めるのは思ったより時間がかかりません。

8~22の高さの中では、15の高さが最も古代の残骸が発生する高さです。7以下では溶岩や岩盤が多くなって来るため、下に掘りすぎるのは古代の残骸を探す上で得策ではありません。

Tips

ネザークォーツ鉱石

ネザーで見つかるもう一つの鉱石、ネザークォーツ鉱石(闇のクォーツ鉱石)はどこでも見つかるため、「古代の残骸だけを探そうとして」低い位置まで降りてもネザークォーツ鉱石を避けることは出来ません。

高さ、座標を知る方法

自分の座標を知っておかないと探すのは難しいので、できれば座標を表示しておきましょう。

PC版マインクラフトではF3キーを押すことで座標が確認出来ます。

座標を表示

PEではチートON、TPコマンドで自分にテレポートをすると下に表示されます。岩盤まで行って、目指す高さ分上がっていくと大体の高さに合わせられます。

座標をメニューから表示させる方法もあります。PEだけでなく、ほとんどの機種でこちらの方法が使えますので参考にしてくださいね。

古代の残骸の特性

ダイヤモンドのツルハシで古代の残骸を採掘する様子

ダイヤモンドのツルハシか、ネザライトのツルハシでしか古代の残骸は採掘できません。それ以外のツルハシで壊すと、完全に消失してしまいます。

ネザライトのツルハシは古代の残骸が必要になるので、これから「古代の残骸を採掘しに行く」という方にはダイヤモンドのツルハシしか選択肢がありません。

古代の残骸がドロップ

採掘すると、古代の残骸はアイテム化されます。でも、鉄鉱石や金鉱石のように鉱石ブロックとしてドロップするので、幸運のエンチャントでドロップ個数は増やせません!そういったわけで、さらに入手個数が限られてくるわけです...。

もう一つの特性として、古代の残骸は爆発に耐える力がとても高いです。黒曜石と同じ爆発耐性があるため、TNTで爆破しても古代の残骸は消滅しません。

ここまでのまとめ

  1. ネザー全域のy座標8~22にて生成される
  2. 1チャンクに1~2個の鉱脈がある
  3. ダイヤ以上のツルハシでしか採掘できない
  4. 幸運のエンチャントで増やせない
  5. 爆発耐性は黒曜石と同じ

採掘準備と採掘開始

古代の残骸採掘準備

洞窟探検と同じようなものなので、

  • たいまつ
  • 食べ物
  • 防具
  • ツルハシ
  • 武器

を用意して向かいましょう。防具は火炎耐性(防火)が着いていると、急なマグマに出会っても落ち着いて対処できます。

ツルハシはネザーラック部分はダイヤ以外のツルハシでOKです。古代の残骸を見つけたらダイヤのツルハシに持ち替えればいいですから。

でもたくさん集めるなら、できるだけ早く掘れて&修繕が付いているツルハシが良いですね。クォーツを採掘する時に経験値が手に入るので、半永久的に採掘ができます。

ネザー大陸を掘っていく

アイテムが整ったらネザーの高さ15へ下っていきます。

ブランチマイニング

高さ15まで行けたら、あとは普段どおりにブランチマイニングしていくだけです。普段ブランチマイニングしない方も、古代の残骸採掘ではブランチマイニングをするのがオススメです。

古代の残骸の生成数が少ないので、てきとうに掘っていっても見逃しが多いからです。

ブランチマイニングの掘り方

ブランチマイニングの種類(ダイヤの集め方より

ブランチマイニングの掘り方には種類がいろいろありますが、わかりやすいのは左右の掘り方ですね。私は一番左の方法で掘っています。通路を2×2ブロックで掘って、隣の通路との間隔も2ブロックにしています。

通路のサイズはお好みですが、隣の通路との間隔は2ブロックが良いです。間にある古代の残骸を見逃すかもしれないからです。

古代の残骸の発見

古代の残骸の掘り出し

ブランチマイニング開始数分で、初めの古代の残骸が見つかりました。古代の残骸のまわりのブロックを削ってむき出しにします。

見えている部分が1個だとしても、最大3個まで一箇所に生成される可能性があるので、きちんとまわりも確認しておきます。見つかった残骸は、ダイヤのツルハシで回収!

ブランチマイニング1時間

1時間タイマーをかけてブランチマイニングを行いました。古代の残骸の鉱脈が1つ見つかるごとに、それまでに得たブロックをメモしました。結果が次の表になります。

古代の残骸 ネザーラック クォーツ
2 208 14
2 1592 72
3 392 105
1 205 132
3 1098 84
2 333 67
3 226 0
1 206 0
2 1737 135
3 634 58
1 468 0
1 690 31
1 211 7
1 1386 30
2 231 0
3 587 1
計31 計10204 計736

※ネザーラックは持ちきれなくてオーバーした時もあるので、メモ数より多い場合があります。クォーツは掘ったり掘らなかったりすることがあったので、個数にかなりブレがあります。

1時間のうちに見つかった古代の残骸の鉱脈は16つでした。1つの鉱脈で1個しか生成されなかったのは6回。2個生成が5回。3個生成が5回です。1鉱脈につき生成される数はまんべんなくと言ったところです。

そして見つかった古代の残骸古代の残骸は31個です。1つのネザライト装備を作るのに古代の残骸が4個必要なので、31個あれば7つのネザライトチェストプレートネザライト装備が作成可能です。

採掘中の注意点

マグマが滴り落ちる場所

マグマの粒が上からしたたってくるところがよくあります。そこを掘ると確実にマグマが降り掛かってきますので、絶対掘らないようにしましょう。

ネザーの敵

ブランチマイニング中でも通路にようしゃなく、敵Mobがスポーンします。

攻撃しなければ無害なゾンビピッグマンだけでなく、新Mobがスポーンするバイオームの地下でも攻撃的な新Mobがスポーンします。そのため、武器は持っておきたいです。

マグマと古代の残骸

古代の残骸はマグマの隣にも生成される場合があります。そのまま古代の残骸を採掘してもマグマで古代の残骸は消滅しませんが、自分の身が危険なのでマグマ処理してからの採掘が安全です。

採掘のポイント

ブランチマイニングをしながら、できるだけ効率よく古代の残骸を集めていくために行ったポイントをまとめます。

  • 通路を掘り続けて、なかなか古代の残骸に巡り会えない時は元の大通路に戻って別の通路を掘る

このくらい掘ったら見つかるハズなのに、一向に出てこないと感じた場合は元の通路に戻って別の通路を掘りました。するとすぐに古代の残骸が見つかることが多かったです。

ブランチマイニング跡地

ブランチマイニングされた地下

スペクテイターモードで撮った画像ですが、見ての通り通路の長さがバラバラになっていますよね。

  • マグマは避ける
マグマ

採掘中はかなりの頻度でマグマに遭遇します。とっさにバケツで回収したり、ブロックで塞いだりしても良いのですが、すぐに防げなかった場合処理に時間がかかってしまいますので、放置して別の通路を掘り始めても良いと思います。

  • 明るい環境で採掘する
明るい環境にセットする

採掘効率とは直接関係はないですが、視界はできるだけ明るいほうが良いです。ネザーはただでさえ暗いのでとても目が疲れます。

メニューのビデオ設定から明るさを調整できますし、暗視のポーションでも視界が明るくなります。しんどいと感じたら無理せず利用していきましょう。

TNT採掘

TNT

黒曜石と同じ爆発耐性を持つ「古代の残骸」はTNTによって消滅しません。なので、TNTを大量に用意できるならTNTで古代の残骸を掘り返す方法も使えます。

TNTで古代の残骸を探す

高さ14にTNTを一列に好きな長さ分だけ敷き詰めて、着火します。間隔を開けずに置くのが一番爆発する範囲が広いけれど、ちょっと節約するなら2ブロック間隔で設置しても大丈夫です。

TNT採掘の効率

いろいろとやってみたんですが、率直に言うとブランチマイニングの方が効率的だと感じました。一応、結果のデータを取ってあるので紹介します。

No. 通路の長さ TNTの数 古代の残骸
1 100ブロック 100個 10個
2 100ブロック 23個 3個
3 200ブロック 64個 9個
4 200ブロック 200個 15個

1番目にやったのは素直に、100ブロックの長さに100個のTNTです。10個の古代の残骸が見つかりました。2番目は100ブロックに23個のTNTですが、これは少なすぎてまともに爆発しませんでした。

200ブロックの長さに2ブロック間隔でTNTを置いた3番目の結果は、9個なのでこれがこの4回のうちでは最も効率的でした。

TNT爆破後の坑道

爆発するのは一瞬なので効率的だと思うかもしれないですが、その後処理にとても時間がかかります。上の画像はマグマの処理を終えた坑道です。

あちらこちらからマグマが流れてくるので、それを処理しないといけません。そのマグマの中に古代の残骸が隠れているパターンも多くあります。そのためマグマの処理を無視できないのです。

TNT爆破用の通路を掘って、TNTを均等に配置して、爆破して、マグマを処理して・・・とやっていると古代の残骸を回収するまでにかなりの時間を消費します。

ただ、TNTを大量に失う代わりに、ツルハシの耐久はあまり消費せずに済むし、爆破は結構楽しいのでもちろんデメリットばかりではありません。

古代の残骸の使い道

古代の残骸の使いみち

手に入れた古代の残骸は各種「ネザライト装備」とネザライトブロックを作成できます。ネザライト装備はダイヤモンドの装備より高性能です。作り方をまとめます。

ネザライトインゴットの制作過程

ネザライトインゴットの制作過程

古代の残骸は、まず溶鉱炉やかまどで「ネザライトの欠片」へ加工します。さらにその欠片を4つと金インゴット4つでクラフトすることによって「ネザライトインゴット」ができます。

ネザライト装備の作り方

ネザライト装備の作り方

ネザライトインゴットができたら、作りたいネザライト装備の種類のダイヤモンドの装備と鍛冶台でアップグレードします。

ネザライト装備

ネザライト装備の見た目はいかにも頑丈そうです。ウィザースケルトンみたいです。もちろんエンチャントもできます。

古代の残骸のまとめ

  • 8~22の高さに生成され、15の高さに生成量が多い
  • ダイヤ以上のツルハシで採掘できる
  • 爆発耐性が黒曜石と同じ
  • マグマで消滅しない
  • ブランチマイニングが効率的

最新&最強の装備を作るために、古代の残骸は必要になります。1つの装備に4個の古代の残骸なので、全種類作るには36個必要です。ということは、1時間ちょっとで作れてしまいます。

以上、「【マイクラ】古代の残骸をたくさん集めるコツとポイント」でした。

※執筆時(2020/02/29時点)ではこれらはまだ未実装です。この記事はPC版スナップショット20w09aを元に執筆しています。今後内容が変わる可能性が大いにあります。


Sponsored Link






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。