【新大型アプデ1.18】洞窟と崖のアップデート情報:パート2!【マイクラ】

前回実装された1.17アップデート、洞窟と崖のアップデートの第2弾が1.18アップデートです。綺麗な洞窟、怖い敵Mob、インベントリを整理するアイテムなどが実装されます。内容を紹介していきます!

1.18アップデートはいつ実装?

マイクラPC版(JE)及びスマホ版などのBEの1.18のアップデートは2021年の年末に実装予定です。

洞窟と崖のアップデートはパート1と2に分けて実装されています。2021年6月9日のがパート1です。

マイクラ1.18「洞窟と崖のアップデート」

つづきとなる洞窟と崖のアップデートバージョン1.18では、1.17で実装できなかった洞窟バイオーム、山岳の調整、地下深い危険な洞窟にMobなど1.17以上に見どころ満載と言えますよ!

新しい洞窟のバイオーム

ツツジの木

「Lush Caves」緑豊かな洞窟の追加です。森か平原バイオームにある「ツツジの木」に紫色のツツジが咲いています。その下に潜ると…

緑豊かな洞窟バイオーム

苔のようなブロック、ツタ、光るオレンジの実「グローベリー」が広がり、とても美しい光景が見られます。1.17では自然に生成されなかった苔や実、ドリップリーフなどが採取できるように!

胞子の花

「スポアブロッサム」という胞子の花(spore blossoms)胞子の花が咲いている場所もあるようです。ラフレシアにも似た大きな花なのですが、ラフレシアよりはもう少し可憐です。そして胞子のパーティクルを発します。

ウーパールーパー

ウーパールーパーが、このバイオームの水辺にスポーンするようになります。もう少し見つかりやすくなるかな?と期待しています。

鍾乳洞バイオーム

ドリップストーン(鍾乳石)と呼ばれるつらら型の石が上と下から生える自然の洞窟です。

1.17ではこの大規模な鍾乳洞が実装されませんでしたが、1.18ではまるで雰囲気の違う涼しげな鍾乳洞バイオームが生成されるようになります。

新しい地形の洞窟

今ある洞窟の形状、生成のされ方に変更が行われます。洞窟の構造は多彩になり、大きさもかなり違ってきます。その一方で、今までの洞窟の形も残すことになっています。

水中洞窟や、洞窟内の湖が追加され、滝の生成のされ方が変更されます。水に関する調整が増えるため、ただ歩くだけだった洞窟探検はボートやエリトラを使う場合も出てくるでしょう。

マウンテンの地形

地上の山岳バイオームにも地形変化の修正が加えられます。最大で256の高さの山岳が生成されます。標高によって見た目が変わり、上の方は木が生成されなくなります。

山岳バイオームの地形

頂上付近には、氷ブロックや氷塊、粉雪が生成されます。プレイヤーは粉雪に隠れたクレバスを踏んで深いところへ落ちてしまうかもしれません。

洞窟の最深部

「Deep Dark Cave」洞窟の最深部には、独特なバイオームが追加されます。毒々しい青緑の「スカルクブロック(後半で解説)」がある場所になります。

洞窟の最深部は他の洞窟よりも暗く、恐ろしいMobもいます。プレイヤーを恐れさせたい思惑がある模様です。

新しいMob

The warden(ウォーデン)

「The warden(ウォーデン)」監視者は、洞窟の最深部にスポーンするとってもおっかない敵対的なMobです。1度の攻撃で、プレイヤーの体力を30(15個)減らしてしまいます。

彼らは目が見えないマイクラ初の盲目Mobなのですが、プレイヤーやブロックなどまわりに存在するあらゆる物の動きや音に反応して近づいてきます。

ウォーデンの探知能力

例えば、この雪玉です。投げた場所に向かって監視者が移動しました。その他にも、この場所にある特殊なブロックが発する信号を感知すると、監視者はプレイヤーに気付いてしまいます。

スニークすればバレません。透明化のポーションではバレます。
監視者のそばは周期的に暗くなる

監視者が存在する場所には、プレイヤーの視界が周期的に暗くなります。まっくらに近いまでに暗くなります。監視者が近くにいるときは、監視者の心臓の音も聞こえてきます。

普段真っ暗な洞窟の中にいるからか、日光でゾンビのように燃えるそうです。

新しいブロック

スカルクセンサー

「Sculk Sensor」スカルクセンサーブロックの追加です。その名の通り、センサーを持っています。センサーは振動を検知します。

例えば、ブロックを置いたり壊したり、踏んだり、雪玉が当たったりしただけでも検知します。そしてレッドストーン信号を出します。

バージョン1.17の入手手段

マイクラPC版のgiveコマンドでのみ入手可能です。

  • 例:「/give @p minecraft:sculk_sensor」
スカルクセンサーで動き続けるピストン

このセンサーは、隣にピストンがあれば一生検知し続けて動いてしまいます。それに対処できるのが、羊毛ブロックです。羊毛ブロックは振動をスカルクセンサーに伝えないようにします。

ワイヤレスレッドストーン

羊毛ブロックを置く位置を調整し、トラップドアの開閉を検知するなどすれば、無線でレッドストーン信号を送信できます。

スカルクセンサーは振動を検知したときに音を出すので、少しうるさいのが特徴です。

新しいアイテム

バンドル

「Bundles」バンドルというアイテムです。バンドルは収納アイテムで、64個なんでも好きなアイテムをしまえます。

アイテムを集めているとき、いろんな種類のものを集めると、少ない数でもインベントリが埋まってしまうのに対処するアイテムです。

糸2本とウサギの革6枚でクラフトできます。

新しいシステム

【延期された内容】

大きな変更点

鉱石分布の変化(21w10a)

snapshot21w10a時点での鉱石分布(マイクラ公式サイトより)

地下の岩盤がある一番深い所、奈落になってしまう場所は今までY:0の高さでした。洞窟アプデではY:ー64まで深くなります。それに伴って、鉱石の分布も変わってきます。

各鉱石の出現する高さが変わったり、鉱石の出現する範囲が広くなったりしています。大きな画像はマイクラ公式サイトのスナップショットの情報にまとまっています。

1.18アプデまとめ

  • 緑豊かな洞窟/鍾乳洞/洞窟の最深部(Deep Dark Cave)実装
  • 今までの洞窟の地形を大幅に修正
  • 恐ろしいMob「The Warden(監視者)」の追加
  • ウーパールーパーが緑豊かな洞窟にスポーン
  • スポアブロッサム/苔/ドリップリーフ/グローベリーの自然生成
  • 無線も可能なスカルクセンサーブロックの追加
  • バンドルの追加
  • 発掘調査システムの追加
  • 洞窟の下限を0から-64に変更

2つに分けられた洞窟と崖のアップデートは、1.17では洞窟や山に大きな変更がありませんでした。1.18では、より一層ワールドの生成が変化しています。

びっくりするような洞窟や山岳、ネザライト装備でも体力が半分以上無くなる、おっかない監視者との戦いなど、超大掛かりなアップデートです。

以上、マイクラ1.18アップデートまとめでした。

※執筆初期(2021/06/17)。この記事はスナップショット21w20a及び、バージョン1.17を元に執筆されました。新しい情報が出たら加筆修正を行います。

記事更新状況

  • -

前回のアップデートは洞窟と崖アップデートのパート1でした。

さらにその前は、ネザーのアップデートでした。

Sponsored Link






8 件のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。