【新大型アプデ1.17】洞窟と崖のアップデート情報【マイクラ】

マイクラライブで配信された情報で、マイクラにまた大きなアップデートが予定されていることが分かりました。洞窟と崖に関する調整で、新システム、新たな洞窟系のバイオームやアイテム、Mobが実装されるようです。内容を紹介していきます!

1.17アップデートはいつ実装?

マイクラPC版(JE)に1.17のアップデート実装日は未定ですが、2021年夏頃とされています。BEにアップデートが行われるかも未定です。

マイクラ1.17「洞窟と崖のアップデート」

マイクラ1.17アップデート「洞窟と崖」

2021年に実装予定の新たな大型アップデートのテーマは「洞窟と崖(Caves & Cliffs)」です。大型にアップデートされたのは前回のネザーでもそうでしたが、同じくらい洞窟にも変革が訪れそうです。

新Mobにはウーパールーパーもいるようですし、洞窟には鍾乳洞が追加されます。あまり見直されてこなかった、インベントリに関係する新アイテムなども増えます。

Minecraft Live2020を参考にできるだけ詳細に紹介していきます。今後のアップデート情報に合わせて、さらに詳しい情報を追記してまいります。和名が判明しておりませんので、仮翻訳して記載します。

新しい洞窟のバイオーム

洞窟と崖アプデの新バイオーム

「Lush Caves」緑豊かな洞窟の追加です。画像を見る限りでは、森か平原バイオームにある「ツツジの木」に紫色のツツジが咲いています。その下に潜ると…

Lush Cavesの姿

苔のようなブロック、ツタ、光るオレンジの実が広がり、とても美しい光景が見られます。「Spore Blossoms」という胞子の花(spore blossoms)胞子の花が咲いている場所もあるようです。

ラフレシアにも似た大きな花なのですが、ラフレシアよりはもう少し可憐です。そして胞子のパーティクルを発します。

アメジストの晶洞

お次は、「Amethyst Geodes」アメジストの晶洞です。ここは紫色の水晶であるアメジストが生成される洞窟です。水晶がある時にキラキラとした効果音が鳴るので、幻想的な場所になっています。

鍾乳洞

つらら型の石があるのが特徴的なのが、「Dripstone Caves」鍾乳洞ですね。かなり尖った形の石が下からも上からも伸びていて、それらに当たるとプレイヤーやMobにダメージを与えます。

落ちてきた鍾乳石はアイテムになるので、回収できます。鍾乳石からは水が滴っており、大釜を使えば水を溜められます。

新しい地形の洞窟

洞窟の地形・構造の変化

今ある洞窟の形状、生成のされ方に変更が行われます。洞窟の構造は多彩になり、大きさもかなり違ってきます。その一方で、今までの洞窟の形も残すことになっています。

水中洞窟や、洞窟内の湖が追加され、滝の生成のされ方が変更されます。水に関する調整が増えるため、ただ歩くだけだった洞窟探検はボートなどを使う場合も出てくるでしょう。

マウンテンの地形

地上の山岳バイオームにも地形変化の修正が加えられます。標高によって見た目が変わっていきます。上の方は木が生成されなくなります。

山岳バイオームの地形

さらに、パウダースノーの追加により、高所ではクレバスのような地形が出現します。プレイヤーはパウダースノーに隠れたクレバスを踏んで深いところへ落ちてしまうかもしれません。

洞窟の最深部

洞窟の最深部には、独特な地形が追加されます。毒々しい青緑の「スカルクブロック(後半で解説)」がある場所になります。

洞窟の最深部は他の洞窟よりも暗く、恐ろしいMobもいます。プレイヤーを恐れさせたい思惑がある模様です。

新しいMob

The warden(ウォーデン)

「The warden(ウォーデン)」監視者は、洞窟の最深部にスポーンするとってもおっかない敵対的なMobです。

彼らは目が見えないマイクラ初の盲目Mobなのですが、プレイヤーやブロックなどまわりにある物の動きや音に反応して近づいてきます。

ウォーデンの探知能力

例えば、この雪玉です。投げた場所に向かって監視者が移動しました。その他にも、この場所にある特殊なブロックが発する信号を感知すると、監視者はプレイヤーに気付いてしまいます。

スニークすればバレません。
監視者のそばは周期的に暗くなる

監視者が存在する場所には、プレイヤーの視界が周期的に暗くなります。まっくらに近いまでに暗くなります。監視者が近くにいるときは、監視者の心臓の音も聞こえてきます。

ウーパールーパーの実装

怖いMobのあとには、可愛らしい癒やしになるMobの実装もあります。「Axolotls」ウーパールーパーです。本当はメキシコサンショウウオって言うらしいですよ。

この子達は、始めに紹介した場所「緑豊かな洞窟」にある水たまりに生息しています。ウーパールーパーは他の魚のように、バケツを使って捕まえられます。

追従するウーパールーパー

バケツで捕まえたウーパールーパーたちはプレイヤーに着いていき、ときには一緒に戦う仲間となります。でも、攻撃を受けると死んだふりをします。

ヤギの実装

地上へは新しく「Goats」ヤギが追加されます。見た目はヒツジよりもリアルなデザインですね。ヤギはいたずら好きの動物で、山岳バイオームにスポーンします。

ヤギがウシを攻撃する

穏やかそうに見えてもヤギは結構気性が荒いところがあります。他のMobに体当たりして山から突き落とします。ジャンプ力も高いのです。

光るイカの実装

投票によって「Glowth Squid」の実装も決まりました。光るイカ・・・洞窟に実装されるのでしょうか。まだマイクラ内での姿は出ていません。

新しいブロック

新ブロックDripleafplant

「Dripleaf Plant」ドリップリーフブロックの追加です。これは植物なので、成長してから上のところにスイレンのような葉が形成され、その上を歩くことができます。

ドリップリーフブロック

ドリップリーフは水ブロックなど、ほとんどのブロックで成長する不思議な植物です。階段にしたりして歩けるけれど、長い間その上に乗っていられるわけではありません。

少し経てば縮んで、プレイヤーは落とされます。緑色で蔓のあるデザインがおしゃれなので、ツリーハウスなどの建築に使えそうでワクワクです。

新しい松明

「Warden」監視者のいる場所に設置されていた謎の松明です。ちょっと、シーピクルスにも似ていますね。

銅ブロックの実装

銅鉱石と銅関係のブロックの追加です。銅鉱石は今までの鉱石とは少し違った形の採掘で手に入ります。

銅ブロックの老朽化

銅ブロック類は時間の経過と共に、オレンジ色から緑色へと錆びていってしまいます。老朽化を防ぐ方法はまだ分かりませんが、追加される予定です。

避雷針ブロックの実装

「Lightning Rod」避雷針ブロックの追加です。雷雨のときの雷が、設置された避雷針に向かって落ちるようになります。木材の建築物は燃えないようになる画期的なブロックです。

避雷針ブロックは銅鉱石から作れるようです。
スカルクセンサーブロック

「Sculk Sensor」スカルクセンサーブロックの追加です。その名の通り、センサーを持っています。センサーは振動を検知します。

例えば、ブロックを置いたり壊したり、踏んだり、雪玉が当たったりしただけでも検知します。そしてレッドストーン信号を出します。

スカルクブロック

このセンサーは、隣にピストンがあれば一生検知し続けて動いてしまいます。それに対処できるのが、羊毛ブロックです。羊毛ブロックはスカルクセンサーの信号を遮断します。

無線のレッドストーン回路

羊毛ブロックを置く位置を調整し、トラップドアの開閉を検知するなどすれば、無線でレッドストーン信号を送信できます。

新しいアイテム

望遠鏡

「Telescope」望遠鏡の追加です。望遠鏡は、銅鉱石と水晶で作れます。望遠鏡をのぞけば遠くにいるMobや地形を観察できます。

鍾乳洞の鍾乳石(つらら石)

鍾乳洞に生成される鍾乳石です。落ちてきた鍾乳石はアイテムになります。使い道はまだ分かりません。

アメジスト水晶

これはアメジストの晶洞に生成される水晶です。そしてとってもレアなアイテムです。水晶は、決まったブロックの上で育てられるかもしれないようです。

Bundles(バンドル)の実装

「Bundles(バンドル)」包みというアイテムです。包みは収納アイテムで、64個なんでも好きなアイテムをしまえます。

アイテムを集めているとき、いろんな種類のものを集めると、少ない数でもインベントリが埋まってしまうのに対処するアイテムです。

新しいシステム

考古学発掘調査場所

「Archaeological Excavations」発掘調査システムが追加されます。新しい構造物として実装されるかもしれない、古代の構造物にある場所で土などのブロックに対しブラシを使えば、遺物が発掘できます。

壺を焼き上げる様子

遺物はいろんな柄があります。集めた遺物を好きな形になるよう壺に貼り付けて、壺を焼き上げることができます。

1.17アプデまとめ

  • 緑豊かな洞窟/アメジストの晶洞/鍾乳洞の実装
  • 今までの洞窟の地形を大幅に修正し、パウダースノーを追加
  • 洞窟の最深部の地形を新たに追加
  • 恐ろしいMob「The Warden(監視者)」の追加
  • かわいいMob「Axolotls」ウーパールーパーの追加
  • 山岳に「ヤギ」の追加
  • 光るイカも実装予定
  • 銅系ブロック/ドリップリーフブロック/避雷針の追加
  • 無線も可能なスカルクセンサーブロックの追加
  • 望遠鏡/鍾乳石/水晶/「Bundles」包み追加
  • 発掘調査システムの追加

情報はまだ出たばかりで、これからどんどん修正点も追加する項目も増えていくことが予測されます。2021年の夏に実装予定とのことなので、かなり大きなアップデートになりそうです。

監視者、見た目は怖いしネザライトをおそらく着込んだプレイヤーが一瞬でやられてしまうくらいなので、相当強いMobですね・・・。同時に癒やしのMobもいるので期待大のアプデです!

以上、マイクラ1.17アップデートまとめでした。

※執筆初期(2020/10/07)。この記事はMinecraft Live2020で発表された内容をもとに執筆しています。スナップショットが実装されれば、そちらをもとに記事を修正します。


前回のアップデートはネザーでした!

さらにその前は、ミツバチなどの実装でした。

Sponsored Link






5 件のコメント

  • どの記事もとてもわかりやすいし、情報早くて嬉しい!
    この情報読んで、まだまだ先だろうなーと思いながら
    スナップショット(20w45a)で穴掘ってたら、急に
    銅鉱石とか紫水晶の洞窟が出てきて驚愕しました!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。